0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

[新規会員登録]500ポイント進呈!! 3,500円以上購入送料無料!!

EVENT

THE LINCOLN

SHARE Twitter Facebook

数量限定[ THE LINCOLN ]6月のNewCrop エクアドル ロストゥカネス農園 シドゥラ ウォッシュド

大好評!!「 THE LINCOLN 」!!
6月のNewCrop!
数量限定!無くなり次第終了!!
人生で一度の出会いです!

[Beans Info]

農園名  : ロス・トゥカネス
農園主  : ハイメ・ポンセ氏
エリア  : ピチンチャ県
プロセス : フーリーウォッシュド
品種   : シドゥラ
標高 : 1,400m

【カッピングコメント】
フローラル、チェリー、ブドウ、ライム、
トロピカルフルーツ


生豆原産国名 エクアドル
内容量 150g

※販売予定日 : 6月1日
 上記以前のご注文は上記販売日以降の、
 順次発送となることをあらかじめご了承ください。
 焙煎の関係上日にちが前後する場合があります。あらかじめご了承ください。

¥ 1,458 (税込)

<焙煎士から一言、二言。>

先月のペルーの北側の隣国、エクアドル。
これまた Google マッ プが活躍したのは言うま でもありません。笑。
『エクアドルピチンチャ』で検索すると真っ先に、ヴォト国立大聖堂の写真が出てきます。今回のパッケージはこちらがモチーフとなっています。 素敵ですよね~。行ってみたい・・・。
今回の『シドゥラ』という品種、私も初めて聞いたのですが、エクアドル発祥の品種なんです !! しかもブルボンとティピカの交配品種なんですって ! そりゃ、美味しいに決まってるじゃないですか !!! ブルボンの特徴は「甘み」、ティピカの特徴は「華やかさ」です。 味わいはまさに、華やかでクリーンな香り、甘みがいつまでも口の中に残ります。
ゲイシャと比べられるという「エクアドルのゲイシャ」= シドゥラ。是非お試しください !

 

<エクアドルとは、赤道と言う意味。>

エクアドル ロストゥカネス農園 シドゥラ ウォッシュド

その名のとおり、南米コロンビアとペルーに挟まれた赤道直下のエクアドルは伝統的なコーヒー生産国です。同国でコーヒー栽培が開始されたのが 1860 年。面積こそ小さい(日本の国土の3分の2)ですが、沿岸部から、アンデス山脈、東部の熱帯雨林の地域まで多様性のあ る気候がみられます。また、太平洋に浮かぶガラパゴス諸島などは世界その他の場所へ類を みない、独自の生態系を持っており、その多様な条件を背景に、コーヒーの風味もさまざま です。

エクアドル ロストゥカネス農園 シドゥラ ウォッシュド

近年では Taza Dorada という品評会も毎年開催されており、スペシャルティコーヒーのバイ ヤーからの注目も集まりつつあります。 主要生産地はロハ、エル・オロ、サモラチンチペの南部 3 州の山岳地帯で全体の 60%を占め ています。

今回は中部ピチンチャ Picincha より、ハイメ・ポンセ氏のロス・トゥカネス農園のシドゥラ 品種のコーヒーです。 シドゥラ品種は、エクアドル発祥のコーヒー品種で、ブルボンとティピカの交配品種と言わ れており、フローラルな香りは、有名なゲイシャ品種になぞらえられることもあります。

エクアドル ロストゥカネス農園 シドゥラ ウォッシュド

 

このページのトップへ