[新規会員登録]500ポイント進呈!! 3,500円以上購入送料無料!!
10月!!数量限定「THE LINCOLN」!!毎月、スペシャルティコーヒーのNewCropをなくなり次第終了!でお届けしています!

10月のリンカーンはラオス パクソン郡ナンベーン村 ティピカ ナチュラル!!数量限定!!毎月、スペシャルティコーヒーのNewCropをなくなり次第終了!でお届けしています!

2020.09.28 | EVENT

SHARE  Twitter Facebook


THE LINCOLN


SUZUKICOFFEEがお届けするNewProducts。

THE LINCOLN」。

 

「コーヒー好きの、コーヒー好きによる、コーヒー好きのためのコーヒー。」

 

毎月、スペシャルティコーヒーのNew Crop(本年度収穫豆or収穫から1年以内の豆、お米でいう新米)を150gの商品として、数量限定売り切れ次第終了でお届けします。

 

スペシャルティコーヒーとは ?

さまざまな定義がなされていますが、生産国において栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、生産地 の特徴的な素晴らしい風味特性が感じられ、欠点豆の混入が極めて少ないコーヒー豆のことです。スペシャルティコーヒーは流通 しているコーヒー全体の約 5% にしか満たないものです。スペシャルティコーヒーの理念は、サステナビリティ [ 持続可能性 ] と トレーサビリティ [ 追跡可能性・輸入経路の明確性 ] をとても重要視しています。

 

 

LINE UP(OnlineStore「THE LINCOLN」カテゴリーページ)

 

 

 

10月1日 新発売!!


ラオス パクソン郡ナンベーン村 ティピカ ナチュラル

ラオス パクソン郡ナンベーン村 ティピカ ナチュラル

 

商品詳細

[Beans Info]

生産者   : ナンベーン村 リーダー プートン氏
エリア   : ラオス・チャンパサック県
        パクソン郡 ( ボラベン高原 )
        ナンベーン村
プロセス  : 非水洗加工方式(ナチュラル)
品種    : ティピカ
標高    : 約 970m


【カッピングコメント】

フローラル・ザクロ・洋梨

生豆原産国名 ラオス
内容量 150g

※販売予定日 : 10月1日

 上記以前のご注文は上記販売日以降の、
 順次発送となることをあらかじめご了承ください。
 尚焙煎の関係上日にちが前後する場合があります。あらかじめご了承ください。

※こちらの商品は豆での販売のみとなります。

 

 

<焙煎士から一言、二言。>


ラオスは初めての取り扱いです。東南アジア系はなんだかハーブっぽいとか、土っぽいとか、力強い味わいとか言われたりします。わたしも同感です。東南アジア系は焙煎度を深くする傾向にあります。そうすると甘い香りがしてくるんです。しかし、この豆はそんな東南アジアの特徴から少しはみ出しています。なんてったってフルーティ。あれ?エチ オピアのナチュラルかな?と思っちゃうくらい華やかでフルーティです。でもでも、やっぱり東南アジアの土っぽい感じはします。 その個性とフルーティさが混じり、カッピングコメントにあるように「ザクロ」を感じるんだと思います。

 

 

<知られざるコーヒーの産地、ラオス!!>


ラオス パクソン郡ナンベーン村 ティピカ ナチュラル

アジアの内陸国であるラオスは、知られざるコーヒーの産地。コーヒー栽培に適した、水はけの良い火山灰土壌と昼夜の寒暖差の大きい気候を持つボラベン高原で、そのほとんどが育てられています。現地パートナーであるジャイコーヒー生産者協同組合 (JCFC) は、100名以上のコーヒー生産者によって設立された協同組合。産地の自然環境を活かし、化学合成農薬や化学肥料に頼らない、高品質なアラビカ種のコーヒー栽培を行っています。

 

<ジャイコーヒー生産者協同組合 (JCFC) の取り組み。>


ラオス パクソン郡ナンベーン村 ティピカ ナチュラル

近年、JCFCのメンバーは、広く行われている 水洗式での精製に加え、より果実感の溢れる 味わいとなるハニー製法やナチュラル製法での作り方にも挑戦し始めました。JCFCの中では最も西側、というより他の村々に比べてずいぶん離れた場所に位置するナンベーン村のリーダー、プートーンさんもその一人。ナチュラル製法は、果肉が付いている分乾燥に時間がかかり、パーチメントより体積があるために場所も取り、より頻繁にかき混ぜないとカビの発生にもつながるなど、慣れている水洗式と比べても手間がかかる作り方ですが、数年に渡って作り続けてくれています。経験値が増えるにつれ年々品質は向上しており、特に明るい酸味や穏やかな甘みが身上であるアラビカ種ティピカのナチュラル製法は、白ワインのような風味、オレンジや青りんご を感じさせる甘みのある果実感、チョコレートになる前段階のカカオニブのような荒々しくも奥深いコクを生み出しています。

 

ラオス パクソン郡ナンベーン村 ティピカ ナチュラル

 

販売中!!


商品詳細

[Beans Info]

農園名    :  サントゥアリオ・スル
農園主    :  カミーロ・メリサルデ
          ルイス・パウロ・ペレイラ
エリア    :  カルモ・デ・ミナス
プロセス         :  ナチュラル・ファーメンテッド
品種     :  ゲイシャ
標高     :  1,150m

【カッピングコメント】

紅茶・マンゴー・プルーン・トロピカル・ココナッツ

生豆原産国名 ブラジル
内容量 150g

※販売予定日 : 9月1日

 上記以前のご注文は上記販売日以降の、
 順次発送となることをあらかじめご了承ください。
 尚焙煎の関係上日にちが前後する場合があります。あらかじめご了承ください。

※こちらの商品は豆での販売のみとなります。

 

 

<焙煎士から一言、二言。>


数量限定[ THE LINCOLN ]9月のNewCrop ブラジル サントゥアリオスル ゲイシャ ナチュラルファーメンテッド

カルモコーヒーズ社長、ルイス・パウロ・ペレイラ氏と鈴木コーヒー焙煎士白井渉。2019年8月。

来ちゃいました。ついに来ちゃいました。
2019 年 8 月に現地買い付けをして来た豆です。
コロナの影響で入荷が遅れていましたが、ついに来ちゃいました。
コーヒーマニアの方なら品種のところを見ると興奮し ちゃうんじゃないでしょうか?
そう、「ゲイシャ種」です。
ただでさえ美味しい品種です。特徴はとにかく綺麗。コーヒーっていい品質の豆ほど『透明感』があります。スコアシー トにもそのような項目があります。そのただでさえ美味しい品種を『発酵』させたものがこちらになります。発酵って一 概に美味しくなるわけではありません。生産者の努力、幾度の失敗を経て美味しい発酵が実現されます。この豆は見事に 豆の品質と生産者の精製の技術がマッチングし、非常に魅力的な味わいとなっています。クリーンでフルーティ。思わず ゴクゴク飲んでしまいそうになります。しかし、希少価値が高く、値段も値段なので(笑)そこはグッとこらえゆっくり 味わって飲んでみてください。冷めても、むしろ冷めてからの方が個性がしっかり感じられるので時間経過でより美味し くなります。一度試してみる価値は大ありです。コーヒーの概念が変わり、もう他のコーヒーが飲めなくなるかも・・・ 笑

数量限定[ THE LINCOLN ]9月のNewCrop ブラジル サントゥアリオスル ゲイシャ ナチュラルファーメンテッド

<ブラジルとコロンビアのユニット>



数量限定[ THE LINCOLN ]9月のNewCrop ブラジル サントゥアリオスル ゲイシャ ナチュラルファーメンテッド数量限定[ THE LINCOLN ]9月のNewCrop ブラジル サントゥアリオスル ゲイシャ ナチュラルファーメンテッド

今やブラジル・スペシャルティコーヒーを代表する生産エリアになったカルモ・デ・ミナス。コーヒーベルトギリギリの南緯 22 度に位置し、ブラジルの中では標高が高いエリアで、独特のテロアールが世界的に高く評価されています。このエリアからはカッ プ・オブ・エクセレンス優勝農園を多く輩出しております。 この地でスタートしたのが、現地の生産者カルモ・コーヒーズのルイス・パウロ氏とコロンビア「サントゥアリオ農園」農園 主のカミーロ・メリサルデが、作り上げた「サントゥアリオ・スル」農園プロジェクト。ブラジル有数のスペシャルティコーヒー 産地で、カミーロ氏がもつ多様な品種(ゲイシャ、スーダンルメ、エチオピアなど)とルイス・パウロ氏の多様な生産処理方法によっ て、コーヒーの世界に新しいフレーバーをもたらしています。

まだ、スタートしたばかりのプロジェクトですが、早速、2017 年には、ブラジル国内のバリスタチャンピオンシップにおいて、 Leo Moço バリスタが同農園のスーダン・ルメ品種を使ったエスプレッソで見事、優勝を遂げました。

 

<<ゲイシャ品種・ナチュラル・ファーメンテッド>>


数量限定[ THE LINCOLN ]9月のNewCrop ブラジル サントゥアリオスル ゲイシャ ナチュラルファーメンテッド

このコーヒー豆は、カミーロ氏が同農園に持ち込んだ世界最高のコーヒー品種として日本でも有名になったゲイシャ品種。 これをルイス・パウロ氏がナチュラル・ファーメンテッドという製法で仕上げました。 ブラジルで近年盛んに研究されているこの製法は、 1最高の状態で収穫させたチェリーを、2乳業用の大型タンク(温度調節可能、攪拌機能あり)の中に入れて、イースト菌を加え て発酵させたのち、チェリーを水洗いし、イーストを洗い流して発酵を止め、天日乾燥させています。 サントゥアリオ・スルでは、農園内のコーヒーチェリーについているイースト菌を自家培養しています。香りも強く、ブルーベリー、 ブラックカラント、スパイシー、ラム酒的な濃厚なキャラクターが特徴です。

 

LINE UP(OnlineStore「THE LINCOLN」カテゴリーページ)

 

 


↓関連記事 ぜひ合わせてお読みいただけますと嬉しいです!

[番外編第1回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル笑)

[番外編第2回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル編)

[番外編第3回]地球の裏側行ってきた!(ブラジル編)

[番外編第4回]地球の裏側行ってきた!(ブラジル完結編)

 

↓insta、ストーリー上でも現地農園動画がご覧いただけます。

SUZUKICOFFEE instagram アカウント

 


 

LINE UP(OnlineStore「THE LINCOLN」カテゴリーページ)

このページのトップへ